メインイメージ画像

大切なのは購入者の意識

多くの不正コピーが売られているという状況に配給元もすべを取っていないのではないのです。媒体の形態により、色々な不正コピー防止の対策が講じてあるのです。紙面によるデーターは不正コピーしようと試みたら真っ暗になって判読が不可能になっている商品もあります。DVDは不正コピー不可能なようにコピーライトがしてあります。PC等で使用する種類は不正コピー不可なように商品ごとに番号などが定められています。

開発会社は協働して不正コピー製品の情報の収集を募っています。しかし、不正コピーをするものといたちごっこなのも実状です。不正コピーは法にふれることを購入者も認識する必要があります。

著作権法の改定とは何か著作権を維持することを目標に制定された法が著作権法になります。

著作権法自体は、随分前からある歴史の古い法律ではあるのですが、多くなるばかりの違法コピーに対応するために、平成24年10月著作権法は規定されました。それまでスルーされてたアクセスコードを解除して、違法コピーを行うことも明らかな法を犯すことだと唱ってあります。また、ネットに見られる映画などを違法コピーと自覚しながら記録することも、売られているものの時は、2年以下の懲役、あるいは200万円以内の罰金かその併用の懲罰になる状況も記載してあります。違法コピーは、はっきり犯罪であることを認識し、簡単に行うことのないように、私達も認識することが大事であるのです。

違法コピーに気付いたらこちら